あまりに美しい・・ミハイル プレトニョフの演奏会に行ってきました。

こんにちは。

アルテドレミの岩本くみこです。

先日東京オペラシティコンサートホールであったミハイル・プレトニョフのリサイタルに行ってきました。

002

ロシアの有名なピアニスト。
チャイコフスキー国際コンクールで金メダルも獲得しています。

指揮者でもありしばらくピアノ演奏活動もしてなかったそうですが、
今回はSHIGERU KAWAIのピアノにインスパイヤーされ
リサイタルのはこびになったとのことです。

私にとっては両方初めて聴く演奏とその音色でしたが・・・・。

素晴らしかったです。

どこまでも長~く続くロングトーン。
豊かで押しつけがましくなく上品に響くバス。
高音はソプラノのコロラトゥーラのよう。
髪の毛1本になるまで大事にする最後の音の美しさ。
pからfまでどれだけ幅があるのでしょう。

演目はシューベルト バッハ スクリャービン

シューベルトは曲もきれいだからもちろんなお一層それが際立つし
バッハも音楽的。今まできいたバッハで1番美しいかも・・。ちょっとロマン派ぽく。
グールドも歌って弾いてたけどプレトニョフも・・。
スクリャービンは近代ロシアの作曲家、きっとお気に入りなんでしょうね、
その作曲家の曲とピアノと演奏家が見事に融合された至福の味わいでした。

どうしてもドレミがわかりすぎてしまって困る(しょうがない・・?)
演奏家や演奏会もあるけど、ドレミを感じさせない魔法が。。
そんな気持ちになりました。

全体に甘くあたたかくやさしいイメージ。
SHIGERU KAWAIがそれを見事に表現というか
プレトニョフが操っている・・。

音楽をピアノを作曲家をこころから愛しむ様子がありありと。

心に残る演奏と音。

すっかり満たされてうるおいたっぷり。
何にも勝る美容液でした(笑)

音楽の力ってすごいですね。

どれみちゃんもたくさんたくさんいい音楽を聴いてね。
もちろんママも。うるおいたっぷりに。
そしてお子さまには本当の財産をプレゼントしましょう!

夏休みは恒例のコンサートツアーに私と一緒にみんなでレッツゴー!

おまけ・・・。
会場の隅々まで鳴り響く開演を知らせるベル。
このお兄さまがたたいてたのでした・・。
ブザーよりずっと感じがいい!
写真のリクエストに快く応じて下さってありがと!

003

アルテドレミ 岩本くみこ♪

 

Posted in アルテドレミピアノ教室, コンサート | Leave a comment

音楽の都ウィーンコーチングツァー⑩ベルヴェレーデ宮殿クリムト ペーター教会のパイプオルガン

こんにちは。

アルテドレミの岩本くみこです。

さてウィーンの旅、最終日午後のすてきな体験をお伝えします。

ランチは名物ウィンナーシュニッツェル、 
リンゴたっぷりのパイ ユリウスのカフェ(コーヒーのこと)。

  2014.3~4ウィーン 022 2014.3~4ウィーン 023 写真 1 (2)

場所は市庁舎のなか?(たしか・・)と聞いて社員食堂?みたいなところかと・・。

それは大違い!

有名なお店で装飾もインテリアも素晴らしくもちろんお味もピカ一でした (^^♪

ウィーンでコーヒーが栄えたのはマリアテレジアが大のコーヒー好きだったから、とか。マリアテレジアという名前のリキュール入りのコーヒーもあってコーチの保科先生は、
カフェ専門バリスタにリクエスト。ご機嫌でした(笑)

013 2014.3~4ウィーン 017  写真 2

ランチ後はペーター教会へ。9世紀に建てられたウィーンで2番目に古い教会。
バロック装飾で圧倒されます。

2014.3~4ウィーン 025  2014.3~4ウィーン 028

天使もてんこ盛り。
ウィーンは天使の街なんだそうです。もうあちこちに天使が。

天使ダイスキ。

ちなみに保科コーチは私と同室の先生とをひそかに
「エンジェルチーム」
と名付けていたらしい・・です。(どこかに飛んで行ってしまうから???)

なんといってもここではパイプオルガンの演奏が聴けるんです!
映像はまたしてもひっくりかえってますが(笑)どうぞ音色を聴いてみてくださいね。

IMG_0589

さぁ次は初体験、トラム(路面電車)とウーバーン(地下鉄)!

ずっとバス観光だったのでこんな体験もできるなんてウレシイ!(*^。^*)
切符を買ったり乗り物の乗り方に戸惑うのもこれまた楽し。
市民になったような気分です。

029  026 028

まずトラムで行った先は・・

じゃーん!! 

ベルヴェレーデ宮殿!

ここはとっても来たかったところ。クリムトの有名な絵「接吻」があるのです。
中は撮影禁止だから残念だけど・・。

白を基調にした内部はとてもロマンティック。
結婚式、すてきだろうなぁって感じです。
2014.3~4ウィーン 008 2014.3~4ウィーン 007 2014.3~4ウィーン 006 2014.3~4ウィーン 005

クリムトは日本人にもとっても人気があります。

そしたらやはり!

日本の狩野派に影響を受けての色づかいや平面さがあるのだそうです。
門外不出のこの絵。ガイドのYUMIさんの解釈を聴いてますます好きに。

もちろん他の画家の絵もたっぷりあります。

001

ショップで買いました!

さてお次は地下鉄ウーバーンに乗りました!
021 023 022

販売機、かわいいでしょ?中もゆったり。
降りた先は・・・オペラ座界隈。
ここオペラ座1階のアルカディアは音楽ショップ。

写真 1

1歩中に入った途端、耳に飛び込んできたのは・・

あ~~私の大大ダイスキなニューシネマパラダイスの曲がぁ~~~。

なんだろう、アコーディオンのアレンジ??誰の??
ショップの中でも気になって気になって・・・。
いろいろ小物もあるけど・・、
え~~やっぱりやっぱりメロディーがアタマから離れない・・・。

写真 2 (1)                            001

そこで登場するのはやっぱりYUMIさん!通訳!

「今流れてるこのCD欲しいの・・!」

YUMIさん流暢に店員さんと話して。。。

ゲットいたしました!!

すごいイケメンのアコーディオン奏者!
やっぱり美しいものは美しい人なのですね~。

ウィーンおみやげ 011

かかってたそのCDをくれるので

「新しいのを・・・」

そしたらこれがなんと最後の1枚!!
売れに売れてしまった。。とか。

あ~~うれしいな。YUMIさんありがとう!

帰ったら聴くのも楽しみ楽しみ。
エレクトーンで音出し、アレンジ、マネしてみよう!

というわけで最終日までなんて満足なの。シアワセ気分~・・。

そしてウィーンの日々は暮れゆくのでした・・。

 

ウィーン紀行も終わりに近づき明日は帰国の途につきます。

 

ウィーンの香り、届きましたでしょうか❤  アルテドレミ 岩本くみこ

 

Posted in アルテドレミピアノ教室, ウィーン, コーチング | Leave a comment

主役になる時を知っているお花たち・・。モッコウバラの巻。

こんにちは。

アルテドレミ&ぽぽろ教室の岩本くみこです。

お庭のモッコウバラをご紹介します。
毎年必ず咲いてくれます。

訪れるどれみちゃんをはじめどなたにも「ようこそ~!」って。

どうぞうっとり~としてくださいね!

004 002

あんまりステキなので(?自慢?ゴメンナサイ)

006

教室の中にも飾って・・。
花瓶はどれみちゃんのママから昔いただいたもの。(ありがとうございます!)

ピッタリ!

咲いてくれてありがと・・。

手入れが大変でしょ?と聞かれるのですが実は・・・・

なんにもしてない・・・・・・・・・。

「生きる力を信じて待つ」

これがモットー。

子育てもこんな調子(笑)

いいわけのようにもきこえるかもしれませんね・・。

でも、みんな生きる力ってすごく持ってると思うのです。
それをあたたかく見守って待ってあげれば咲くときがある!と信じています。

さりげなく引き出してあげるのが大切かな・・。

レッスンでもどれみちゃん一人ひとりの力を出してあげたい。
みんなすごい能力があると思っています。
出し方はみなそれぞれ。

だから比べないで。

主役になるとき、きっとあるから。

 

きれいなお花でこころもやさしく・・
アルテドレミ&ぽぽろ教室 岩本くみこ♪

 

Posted in みんなの広場ぽぽろ, アルテドレミピアノ教室, 上麻生ぽぽろ教室(学研教室) | Leave a comment

オペラ カルメンの伴奏はエレクトーン?!

こんにちは。

アルテドレミ&ぽぽろ教室の岩本くみこです。

お友達が参加している川崎市民オペラ合唱団の公演にお招きいただき、
土曜日のレッスン後ルンルン~とお出かけしてきました。

5月の出来事 004

エレクトーンがオペラの伴奏!ということで興味津々。
会場は高津市民館。溝の口 ノクティー大ホール。

5月の出来事 001

舞台にはエレクトーンが2台。
うん?アンプやモニターにつないでる様子がない・・。
いつも発表会の時に悩むのでそのへんのチェックは見逃しません。

生音ね・・。

演奏者はイタリアミラノスカラ座でも経験のあるオペラ伴奏者赤塚博美さんと
洗足学園音楽大学の4年生の方でした。
指揮者もおられ、どんなふうに歌と一緒になるのか期待に胸がワクワクと。。。

結果は・・・・素晴らしかったです!

始めはエレクトーンの音が小さく感じてやっぱオーケストラでしょう~と思ったのですが
プロの歌手の方々・・
そうそうたる面々が高らかに歌い上げたり、ふっと落とした歌声に見事にマッチ!

その間合いの完璧さ!

途中からはそれがエレクトーンと忘れさせるほどでした。

そして歌詞は日本語!

カルメンはあらすじと有名な曲・・ハバネラ、闘牛士の歌、アラゴネーズ・・などは
知っていたのですが全幕通してみたのは初めて(3時間!)。

日本語で内容がとてもよくわかりましたし、
曲の使われている場面も「あぁ~ここね~」と
いっそう理解が深まりました。

カルメンはカルメンらしく、ホセはホセらしいく、ミカエラはミカエラらしく、
闘牛士は闘牛士らしくと、ピッタリの配役。

それにしてもプロの声楽家たちの声って・・
朗朗としてまた感情のこもった歌いっぷり。

堪能させていただきました。

お友だちをはじめ市民オペラ合唱団のみなさんもそれはそれは素敵な歌声でした。
お芝居もプロの方に負けないくらい。
そして児童合唱団なかよしくらぶのちびっこたちの愛らしさ、ほほえましさ。
これらがあってこそ、このオペラ。

ウィーンでも音楽が生活の中にありましたが
こうして気軽に地元で観られたり参加できたりするのはとてもいいなぁと。

アルテドレミのみなさんもぜひいろいろなコンサートに足を運びましょうね。

見えないけどそれはこころの財産に。

お誘い下さった友人、そして舞台をみせてくれたみなさんに感謝です。
ありがとうございました。またお会いできますように・・。

アルテドレミ岩本くみこ♪

Posted in アルテドレミピアノ教室, コンサート | Leave a comment

誰もがこのお花のように咲く教室

こんにちは。

アルテドレミの岩本くみこです。

お教室にはたくさんの方がお見えになります。

訪れていただく方にシアワセなひと時を過ごしていただけるように
季節のお花でお迎えしています。

013 012

秋植えの時は緑の葉と土がめだっていてちょっとさみしかったのですが
それに何色かおぼろげで・・・。

咲いたらいい色合いで満足!
5月でもまだまだ元気なパンジーとストックです。

ちょっと前まではストックが「ワタシが1番!」とばかりに・・。
世代交代??

002 001

ぐんぐん成長する姿は教室に来られるみなさんの姿と同じ。
大きく花を咲かせていただきたいです!

ピアノレッスン、お勉強に来る子どもたち。そしてお母さま。
そしてサロンにおいでになる中高年の方々。

ココロがほっとしますように・・。

お花がいっぱいカルチャーサロンPOPOLO.

 

Posted in みんなの広場ぽぽろ, アルテドレミピアノ教室, 上麻生ぽぽろ教室(学研教室) | Leave a comment

音楽の都ウィーンコーチングツアー⑨ウィーン北の森ベートーヴェンの小道&ホイリゲ

こんにちは、アルテドレミの岩本くみこです。

ウィーンコーチングツアー9回目、
今日はウィーンから少し離れて郊外、北の森とベートーヴェン記念館をご紹介します。

写真

北の森の丘からは眺めがよくウィーン市街まで見渡せて絵のような風景が・・
のはずですが、少しモヤにつつまれて。。
幻想的ということに・・笑)

丘の途中にはワイン造りの農家やブドウ畑そしてワインとともに食事ができる居酒屋
「ホイリゲ」が立ち並んでします。

農家には「新酒ありますよ~」というモミのまるい飾りが・・。
(ちなみに義父の実家も日本酒の酒造をしていて、その入口にも丸いハチの巣のような
何かが・・似ていますね~。何かカンケイがあるのかしら。。。)

ゆみホイリゲ今晩はここでディナーとかでまたお楽しみが。

さてベートーヴェン記念館へ。

hatabtbh

ベートーヴェン記念館はその肖像に似つかわしくない?まことにかわいらしいおうち。
でもここは遺書を書いた家なのです。

btb 受付の方です。

家の中にはさまざまな資料が品よく詳しい説明とともに飾られています。
ここでもガイドのYUMIさんの博識ぶりが発揮されレクチャータイム。

btbh bth

印象的だったのは・・・

ここにいたころ、ベートーヴェンの耳が聞こえなくなった・・。

気づいたのは・・・

時を知らせる近くの教会の鐘を見た時、揺れているその鐘の音が・・

聴こえなかったから・・・・。

という逸話。

それより以前から耳は悪くなってたけど、自分ではっきりとそれを知った時の気持ち・・。
どんな気持ちだったかと思うと。。私でも悲しくて・・。

近くにはベートーヴェンも歩いただろうステキな散歩道。

12

ここは「交響曲第6番田園」の曲想を得た場所とか。

小川のせせらぎ、小鳥のさえずる声、日本なら軽井沢かな。
でもその自然の音もベートーヴェンには聴こえなかった・・。

・・・・。

きっとこころで聴いたのでしょうね。

IMG_0539 画像が反対ですけど小鳥のさえずりをどうぞ。

 

同じハイリゲンシュタット地区ということで
ちょっと夜のディナーに一っ跳び!

ウィーン最後の夜・・うーんもっといたいけど・・。

先ほどご紹介したホイリゲの一つ
マイヤー・アム・プファール・プラッツでそれはそれは楽しい打ち上げ。

hoirige hoirige2

お刺身の盛り合わせはきくけどここではお肉の盛り合わせ!

2014.3~4ウィーン 013 

おしぼりはこちらでは出ないのでしっかり除菌ティッシュが!写ってる(^^♪

さまざまなお肉に舌鼓。お酒は残念!

あまりいただけないけどそのおいしいワインを少し・・。
(でもコーチの陽子先生は打ち上げとあってたくさん(笑)お疲れ様でございます)
ブドウのジュースもギュッとしぼったよ~~というお味でした。

2014.3~4ウィーン 014

あふれる知識を惜しみなく下さったガイドのYUMIさん。
すご~く紳士のエムセックインターナショナルの丸尾さん。
丸尾さんからプレゼント、みなさんにも。
すみずみまで至れり尽くせりの旅をありがとうございました。

次回は今日の昼間自由行動でであったすてきな経験をご報告します。

ウィーンの香りをあなたに・・。

アルテドレミ岩本くみこ♪

Posted in アルテドレミピアノ教室, ウィーン, コーチング | Leave a comment

学研ぽぽろ教室入会待ちをお願いしています。

こんにちは。

アルテドレミ&学研ぽぽろ教室の岩本くみこです。

 

学研ぽぽろ教室はただいまお席がいっぱいのため、
入会受付をストップさせていただいています。

一人一人に目が届くよう1コマの人数が決まっています。

多いと、

「あ~〇〇ちゃん、難しいところ、説明不足だったかしら」
「漢字の筆順ちゃんとできてるかしら~」
「〇〇くん、プリント出てないけど?」
「〇〇さん、一緒にやりたいのね」
「ちょっと字がらんぼう~ケアレスミスになるからもう1度」

とかができなくなってしまうから。

自学自習を目指すけれどはじめは勉強の方法がわかってなくてはいけないし、
正しい書き方、字や数字は一生もの。

はじめが肝心。

だから。。今は募集をストップさせていただいています・

 

友達をご紹介くださったみなさん、お問い合わせくださったみなさん

ごめんなさい。

今、時間を調整中です。

また余裕ができましたらお知らせいたしますので
その時はよろしくお願いいたします。

 

なおアルテドレミ音楽教室のほうは若干お時間をお取りできますので、
お問い合わせくださいませ。

 

みんな笑顔アルテドレミ&ぽぽろ教室。
岩本くみこ

 

Posted in アルテドレミピアノ教室, 上麻生ぽぽろ教室(学研教室) | Leave a comment

「わらうところがすきなんだ」しあわせな言葉

こんにちは。

アルテドレミ&ぽぽろ教室の岩本くみこです。

3月から入会してくれたピカピカ小1のぽぽろくん。

4月の入学式、通学、学校生活、授業 給食etc・・・。

初めての事、がんばっています!

そしてはじめての塾、学研ぽぽろ教室にも一人で来るように!

「ボクはもうおとななんだぞ!」

って誇らしげ。

ママとの甘い生活も好きだけどね。

 

なんかとてもほほえましい~。

 

そんなぽぽろくんの今日の一言

 

「ぼくね、せんせいのわらうとこ すきなんだよ~~」

 

あは~~うふふ・・(^.^)
そっか~そう思ってるのね~・アリガト。

 

だってね、ぽぽろくんのお答えがとってもかわいくておかしいからよ。

だからつい笑っちゃう・・。

一生懸命書いた字はそれだけでハナマル。

10がひっくりかえって01とかもあるけど。

間違っていてもいいのよ、ずっと01のままじゃないしね。

生まれてから6年しかたってないのにで✐持って。

えらいなぁ~。

 

笑ってしまうくらい楽しんでやってるその気持ち、いつまでも持ち続けてね。

大きくなってもずっと好奇心持って勉強が好きな人になる。

このひと時がそのきっかけになりますように・・。

アルテドレミ&ぽぽろ教室では 
一人一人に適切な指導をしています。

 

今日も素敵な日になりますように!
学研ぽぽろ教室
岩本 くみこ

 

Posted in 上麻生ぽぽろ教室(学研教室) | Leave a comment

習慣が人をつくる?

こんにちは。

アルテドレミ&学研ぽぽろ教室の岩本くみこです。

以前学習習慣について生活カレンダーを書いて主体的に学習に取り組む方法をお伝えしました。

新学期が落ち着いてきた5月連休明けに
アルテドレミ音楽教室、学研ぽぽろ教室のみなさんに書いてきてもらいました

以前は保護者の方から

「宿題ちっともやらないんです・・」
「勉強する子にしたいんですけど・・」
「やったの??というと、今やろうと思ったのに・・・ってケンカになるんです」

などとお悩みをご相談され・・。

子どもだってタイムマネジメントを!

と始めたこのカレンダーのおかげで親子ケンカのお話も聞かなくなり・・(笑)

詳しくは以前のブログをご覧くださいね。

時間を確保して習慣にしてしまうことのほかにもう一歩、

ますますできる子にするための

「習慣の質」

について今日はお伝えします。

 

それは・・

 

「習慣はよいものでなければならない。」

ということです。

これはAll Aboutの中でも紹介されていたのですが・・

習慣とする行為は、

よい言葉使いで話す、とか
家族でもきちんとあいさつをかわす、とか 
くつをそろえるetc

といった日常の中での習慣的行為。

特に言葉は毎日のことだから赤ちゃんの時から習慣で聴いてるし話しています。

その言葉がもし適切でなかったら・・・。

どんな話し方の習慣になるでしょうか。

また「行ってきます」や「ただいま」 「いただきます」「ごちそうさま」 
「おはよう」「こんにちは」「さようなら」etc

お家の方が言ってれば自然に言える。これも習慣。

おもちゃを遊んだら戻す。くつはそろえる。

これも習慣。

息子が小さかったころ公園でママ友からお菓子をいただいた時
みんなそこで食べ始めたけど息子は座るところを探しに行きました。

食べ物は座って食べる、という習慣がついてたのでしょうね。
(良い悪いということではなくて)

習慣は人をつくります。

アルテドレミ ぽぽろ教室でも、
あいさつをする、くつをそろえる、楽譜や道具を大切にする、集中するなどを
日常の習慣になるように声かけしています。

心を整えてよいレッスンにのぞめるように。

今日も楽しいレッスンでありますようにと。

幼児期からよい日常生活習慣を!

学習&ピアノ習慣をつくる
アルテドレミ&学研ぽぽろ教室。
岩本くみこ

 

Posted in アルテドレミピアノ教室, 上麻生ぽぽろ教室(学研教室) | Leave a comment

音楽の都ウィーンコーチングツアー⑧モーツァルトハウス&プライベートコンサート

こんにちは。アルテドレミの岩本くみこです。

ウィーンコーチングツアー⑧回目。

今日はモーツッァルトの博物館、
そしてその地下にあるベーゼンドルファーホールにご案内します。

 048

作曲家モーツァルトの名前は音楽を愛する人のみならず
誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

「きらきら星(変奏曲)」はちびっこにもおなじみ。
ピアノソナタ「トルコ行進曲」(付き)はピアノの発表会で今も人気です。

5歳から作曲を始めたとか、7歳の時に後のマリーアントワネットにプロポーズしたなど逸話もたくさんあります。

ここではイヤホンで日本語の解説をたっぷり聞くことができて、
改めてその生涯を学ぶことができました。

日本人の方に日本語で話しかけられてちょっとうれしかったり、
日本人もモーツァルト好きの方が多いのね、
などとその人気ぶりがうかがえます。

063 062

建物は実際にモーツァルトが「フィガロの結婚」を作曲した家。

中は吹き抜け。
それぞれの部屋に行けるよう階段(装飾がオシャレ)が家の中を取り囲みます。

映画のワンシーンのよう。「アマデウス」とか・・・。

街並みも当時と変わらないらしく

「同じ風景を見てたのね~」と

時を超えて不思議な気分に。

044

さてこのモーツァルトハウスの地下にステキなホールがあります。

石作りのドーム型のホール。

中央にベーゼンドルファー(ウィーンの至宝と言われるピアノメーカー)が。

なんとここでピアノを弾けるというチャンスが!

2014.3~4ウィーン 047 2014.3~4ウィーン 044

その音色は・・

まるで1音1音が美しいベールにつつまれたよう・・!

感激してしまいました。

ホールの作り方もあると思いますが、
空間を音がただようのはこういうことか、と。

ペダルの使い方を工夫しないと・・
など反省もあるけど音を出しただけでも幸せが感じられるピアノでした。

 よいピアノは上達させてくれる。

発表会などでも、どれみちゃんたちにいいピアノで弾かせてあげたい。

味わわせてあげるのが私の使命!と強く感じました。

だって音の素晴らしさを知らなければいいも悪いもわからないから。

弾いた曲は父がよく聴いていたシューベルト、母が好きだったショパン。

ピアノを好きにさせてくれた両親に感謝して、
そして自分のために弾くのは至福のひと時でした。

改めてこのツアーを企画して下さったコーチの保科先生、
エムセック インターナショナル 音楽文化交流事務局の丸尾さんに
お礼の気持ちでいっぱいです。

さて次回はベートーヴェンゆかりの地と
楽しいホイリゲ(って何?って方もわかりますよ)にご案内します。

最後までお読みくださりありがとうございます。

ウィーンの香りをお届け アルテドレミ♪

 

Posted in アルテドレミピアノ教室, ウィーン, コーチング | Leave a comment
73 / 75 Pages« 最初7172737475