大人ピアノ初心者向けコース人気です♪

オトナピアノ初心者のためのコースは個人レッスンとサークルレッスンがあります。
個人レッスンは自宅アルテドレミ音楽教室で。サークルレッスンは仲間と楽しむグループレッスンです。

個人レッスンは1回30分や1時間、月2回や3回でお越しの方が多いです。
ご自分の弾きたい曲を弾いたり、基礎から学びたいなどお一人お一人のご要望に合わせてレッスンできます。

サークルレッスンはその名前のとおり、仲間と一緒に同じテキストを使いピアノ、鍵盤に親しみ、脳を活性化するメニューも加えていきいきと活動できる要素も盛り込んでいます。
新百合丘駅、鶴川駅など駅近の公共施設でしていますのでとても通いやすいメリットがあります。
帰りにお買い物をしたり仲間とお茶をして音楽談義やおしゃべりに花を咲かせてらっしゃいます。

テキストは音符にフリガナがついていますし鍵盤にはシールをはってよい、という大人ならではの方法で無理なくピアノが弾けるようになります。

新百合丘のリリオス教室でははじめて間もないけど方の、弾ける!という喜びの声をいただいています。

 

そんな様子はアメブロでもご覧いただけます

コチラです。

 

Posted in アルテドレミピアノ教室 | Leave a comment

個人レッスンだけでなくグループレッスンで得られる力♪

アルテドレミ音楽教室では個人レッスンの他にグループレッスンにも無料で参加できます。

グループレッスンは・・

異年齢の友だちと交流できる
弾き合い会で人前の演奏になれる
人の演奏を聴く耳が育つ
いろんな人の曲を学べる
アンサンブ体験ができる
ミュージックゲームで音楽知識をつけられる

などたくさんのメリットがあります。

今は9月のコンサートに向けてのワークをしています。

アメブロでもご覧いただけます。

コチラです。

Posted in アルテドレミピアノ教室 | Leave a comment

コードを学んで学校で活躍できるレッスンを♪

幼児さんからアルファベットのドレミの読み方をお教えしています。
今はポップス、jazzでは当たり前のコード。

いずれはそれを見ただけで両手奏ができる、
そんな人になれたら嬉しい、そんな人になれるように。

今は世界中でも活用されています。

世界のどの国の人とでもすぐに即興演奏ができたり、一緒に音楽が奏でられたらどんなに素敵でしょう。

そクラシックにおいてもバッハ、ベートーベン、モーツァルト、ショパンなどの」楽曲もアナリーゼ(分析)ができるようになります。

昔はアナリーゼは和声といってとても難しく感じられるものを使っていました。
専門として進む人が勉強したり。

でも小さなお子さんでもコードを学べばコードの持つ役割を感じて弾けますからとても音楽的に弾けるようになります。

小学校で使われている歌集は歌とメロディーのドレミが載っています。
そして上にアルファベット、コードネームが書かれているのをご存じですか?

これがわかれば両手奏がすぐできたり、お友だちのうたやリコーダーの演奏などに伴奏をつけてあげることができます。

みんな人気者になれますね。

 

そんな様子はアメブロでご覧いただけます。

コチラです

Posted in アルテドレミピアノ教室 | Leave a comment

ミュージックデータではじめから音楽を感じるレッスン♪

アルテドレミ音楽教室にはグランドピアノの横にエレクトーンがあります。

2台を使い模範演奏をしたり聴奏をしたり
メトロノーム変わりにリズムを出したり。

大活躍!

もちろんエレクトーン演奏も
ピアノの生徒さんでも弾けますよ。

はやりの曲はリズミックでピッタリ!
クラシックでもバイオリンやオーボエの雰囲気など学べます。

そしてレッスンで威力を発揮するのが

初めての曲。

エレクトーンからミュージックデータを再生して

歌詞でうたったり、リズムうち、ドレミ唱、
曲の最後まで①曲として通して味わいます。

はじめだけヨタヨタと弾いたり探って弾いたり、
そんなことがないようにしています。

たっぷりその曲を味わって準備した後弾けば

弾いた時にはもう完成

そんなレッスンの様子をご覧くださいね。

「ミュージックデータで」アメブロ

「まずは歌って読んで」1年生アメブロ

Posted in アルテドレミピアノ教室 | Leave a comment

コンサートに向けて曲を深堀り小学生でも楽曲分析ができるようになります♪

9月にはアーリーオータムコンサート(発表会)があります。

自分の選んだ曲。
思い入れがありますね。

いつもの曲よりもじっくりと取り組みます。

コチラです小学3年生

曲調べワークのプリントを生徒さんにはお渡ししています。
そのワークにそって質問に答えていけば、あ~~ら不思議

知らず知らずに曲を深堀りができ分析ができます。

こちらは小学1年生

小学1年生でもできますよ!

内容は

拍子、調号、転調、カデンツ、構成、音楽記号などの理論的なもの。
物語を作ってみたり新たな題名を考えたり、色や絵を描いたりの感性イメージ作り。

この二つが合わさってその人らしい演奏になります。

そこには「これが正解」という演奏はありません。
ちゃんと学習した後はその人の自由。

わたしと違ってももちろんOKです。

みんなの演奏が楽しみです。

Posted in アルテドレミピアノ教室 | Leave a comment

最後まで演奏を弾き通す、音楽をつなげていく練習♪

音楽はどんどん流れてこそ音楽。時間の芸術ともいわれています。時が止まらないように演奏も始まったら止まらないようにします。

アルテドレミ音楽教室ではエレクトーンからミュージックデータや録音した曲、リズムなどかけながらインテンポで弾くレッスンをしています。

人間ですから間違えたりあぶないとこもあります。

そんな時でも演奏をやめずに何とかつなげる、それができるようになります。

間違えたりしたりテンポが合わなかったところはちゃんと覚えておいて部分練習をします。

ただ抽出練習するだけでなく
なんであぶなかったのか
つっかえたのか
原因を見つけて解決できるように考え直します。

長い曲をいつもはじめから最後まで練習しなくていいのです。
目的をもって「今日はココ」とかね。
みんな限られた時間で練習ですもの、効率的に。

そんな方法も伝授しています。

それは学業にきっと役立ちます。
だからピアノを習ってると成績もよくなるのですね。

そんな様子はアメブロでもご覧いただけます。

コチラです。

お子さまの動画もあります。あぶないけど最後まで弾き通してます。

コチラです

インスタグラムはarutedoremiongakukyoushitu で検索してみて下さいね。

Posted in アルテドレミピアノ教室 | Leave a comment

編曲楽譜を選ぶとき♪

弾きたい曲を1番にコンサート曲の選曲をします。人気の曲でもレベルはさまざま。

曲名で選んでもぜひ中身をチェックしてみてくださいね!

ネットですぐ買えるので「ママに買ってもらった!」とよろこんでも・・

届かない指の音域
16分音符だらけ
♭5こ
指使いが書いてない・・
あやしい楽譜・・・・などなど。

レベルに合った信用できる編曲楽譜を選びましょうね。
初級でも大人の初級と子どもの初級は全く違います。
手の大きさだってちがいますね。
お子さま用に考えられた楽譜はやはり弾きやすいです。

ポップスでもクラシックでも今はやさしい編曲でも、
「もう少し手が大きくなったら弾こうね」と
その日を楽しみにしていくのもとても良いことだと思います。

編曲楽譜の選び方、アメブロでもご覧ください

コチラです。

選曲に興味を持ったどれみさんの様子も。

コチラです。

Posted in アルテドレミピアノ教室 | Leave a comment

音には高さがあります、鍵盤の方向とリンクしてますか?

ピアノの鍵盤は平らですが右方向が高く左方向は低くなります。当たり前のようですがお子さまにとっては抽象的です。高さって目に見えないですから。

でもレッスンでは実際に高低のついた階段など使い視覚的に理解していただきます。

これが今度、楽譜読みになったとき、楽譜は左から右へ目を動かしつつ鍵盤は右へ左手へ。

なかなか高度な脳の使い方です。

導入期のどれみさん、具体的にわかりやすくレッスンしてます。

そんな様子はアメブロやインスタグラムで見ることができます。

コチラです。

インスタグラムはarutedoremionngakukyoushitu で検索してくださいね。

Posted in アルテドレミピアノ教室 | Leave a comment

これではいけない!そう思って体験に来ました、シニアのいきいきピアノ♪

コロナ禍、人としゃべらなくなった、お出かけもできない、することがなくて不安、そんな中高年、シニアの方が増えています。

4月に新百合ヶ丘駅からほど近いしんゆり交流空間「リリオス」でオトナピアノサークル「いきいきピアノ」の体験会がありました。

お越しになった皆さんは口々に「何かしなくては」「このままではいけない」そう思ってピアノの体験会に来て下さったのです。

足をお運びになっただけでも、勇気を出して来ただけでも、すばらしいことだと思います。

まずは一歩。

あとはおまかせください。

家で一人でもピアノはできます。
奏でる音に気持ちが高揚するだけでなく、指を動かし(最初はなかなかですが)音符を追い鍵盤を触る、同時にいろいろすることが脳を活性化させるのです。

そして仲間ともできる。
同じ曲を「あら~ダメだわ~」とか「右手だけね」とか笑い合って一緒に弾いたり、仲間の弾く曲に「いい曲ね」「今度それやってみようかな」などと交流するのも楽しいことです。

家にこもって誰ともしゃべらない、何もすることがない、そんな生活からいきいきとはりあいのある生活を過ごせます。

シニアの皆さんこそ今こそピアノをしてみて下さい。

そんな様子はアメブロでもご覧いただけます。

コチラです。

Posted in ピアノサークル | Leave a comment

ブラインドタッチでピアノが弾けるということ♪

鍵盤が光ってそこを押すと曲が弾ける、そんなキーボードもありますが、ほとんどの鍵盤楽器は光りませんし次に弾く鍵盤を教えてはくれません。

ですのにアタマを下げて下(鍵盤)を見つめて弾いてもうろおぼえの音がわからなくなったらどうするのでしょう?(暗譜して弾くのとはちょっと違います)

ちょっと覚えては鍵盤を見てまた目を楽譜に向け、その時には「いったいどこを弾いてるのか」探し、迷子になり曲が音楽が止まります。

そんなことを繰り返してると「止まる練習」をしてる!
(以前他教室から来た方に多かったです)

楽譜は作曲家からのメッセージ。

こうしてほしいということは楽譜の隅々まで良ーく目をこらして受け取らなくてはいけません。

音符の玉だけ見て音にしてもそれは初めて字を読む子が意味理解の前に読む一字と一緒です。

本を読むように目は楽譜を読みながら、様々な指示を考えながら、手元はしっかりと鍵盤ポジション感覚を身に着けてる、それは導入期が肝心です。
(クセになるとなかなかなおりません)

そうそうアタマは下げないで上げるとピアノの音もよく聴こえるんですよ~。

ピアノを弾くときにはそれぞれがスムーズになるようピアノを弾く前の第1段階 弾くようになる第2段階、という2段階導入法を取り入れています。

 

そんな様子はアメブロからご覧いただけます。

コチラです。

Posted in アルテドレミピアノ教室 | Leave a comment
1 / 90 Pages12345最後 »